気持ちよくお金を借りるための前知識

お金を借りる前に知っておきたいのは、金利と返済に関する知識です。
この2つの知識を持っているかいないかで、早めにお金を返せるか返せないかが決まる様なものだからです。
特に、初めてお金を借りる方は計画的に借りるよりもスピードのほうを優先して借りてしまうため、失敗とはまではいかなくとも少しつまずいてしまうことがよくあります。
転んでしまわないように、先人の教えから学んでみましょう。


・お金を借りると金利に応じて利息が生じる

今更当たり前かもしれませんが、お金を借りるとキャッシング会社が設定している金利に応じて、毎月の返済額に上乗せされるように利息が生じます。
これがキャッシング会社の主な収入源になっているので、返済を遅らせたり無視したりする利用客はリスクが高くなるため嫌われるというわけです。
また、金利の表示は「○%~○%」というようにある程度の幅がありますが、初めての方はリスクがわからないため上限の金利でしかお金を借りられないことが多いです。


・期日までの返済で信用を得られること

上で述べたように、キャッシング会社は返済がずぼらな利用者を嫌います。
その一方で、たとえ少額の借り入れでも返済がしっかり出来ている利用者は、他の会社からの評価も上がります。
それは、キャッシングの記録が信用情報機関という第三者機関で保管されているからです。
ここで記録された情報は貸金業界全体で共有されているため、キャッシング会社を利用し続けたいのであれば返済はきちんと行うことです。

【参考サイト】
キャッシング 比較 ⇒ 数多くのあるキャッシング系サイトの中でも最も見やすいサイトです。検索機能などが便利ですね。

お金を借りる時には何をチェックする?

金融機関に申し込みをする際、皆さんは何をチェックしてから決めるようにしていますか?
人によって違ってくるとは思いますが、多くの人がまず金利についてチェックしているのでは。
金利も大事ですが、審査のスピードや即日振込が可能なのかどうかで比較をしている人もいると思います。
安心してお金を借りるようにしたいから、知名度のある場所を選ぶという人など、チェックする部分は人によって違います。


お金を借りるなら即日振込がいい?

近年では、消費者金融や銀行で即日振込が可能になってきています。
だから、すぐにお金を借りることも出来るようになって本当に助かるようになってきて使い勝手もいいです。
急いでいるときなどにも即日振込が嬉しいですが、使いすぎてしまわないよう気を付けるようにして下さいね。
また、申し込み時間によっては対応できないところもあるみたいなので、お金を借りる際は情報をしっかり入手して。


人気ランキングを確認しよう

初めて利用する人は迷ってしまうと思うので、人気ランキングを確認してみるのはどうでしょう?
上位に来ている場所は多くの人達が利用している場所なので、安心してお金を借りることができるはずですよ。
サイトによってランキングが違いますから、複数覗いてから決めることをおすすめします。

お金を借りるのはとても簡単だからこそ注意が必要

もしこれからお金を借りようと思って動き出したとしても、その結果を得るのに苦労はさほどないはず。あなたが思っている以上に簡単にキャッシングは済んでしまうでしょうから、申し込んだその日のうちに借り入れたお金で目的を果たすのはあなたが想像しているのよりずっと簡単なことでしょう。
今迷っている時間がもったいないです。さっさと申し込んでしまったほうがはるかにお得です。


・お金を借りるなら消費者金融

消費者金融からのキャッシングは誰でも、アルバイト・パートの学生や主婦でも問題なくお金を借り入れることができるので、あなたは何も心配する必要はありません。
銀行からの借り入れにはこれよりもっと厳しめの審査基準が課せられてしまうので、もしもここで自分の社会的ステータスに不安があるのなら消費者金融に申し込んだ方が確実でしょう。


・返済に追われる生活は苦しい

お金を借りてそれによって発生した利息を支払うことに追われながら生活する日々は苦しいです。常にそこまで多くない収入から返済にあてるお金を捻出することを迫られるので、常にあなたは借金に追われながら生活を営んでいくことになります。
こんな生活がいつまでも続けられるわけがありません。しっかりと早め早めに借り入れから返済まですべてを終わらせることに意識を向けながら生活してください。

カードローンならお金を借りる目的は自由

銀行の目的別のローンなどは、その借入額の利用目的が限られてきます。住宅ローン、教育ローンなどです。カーローンや、旅行のためのトラベルローンなんてものもあります。
これは、目的がしっかり定まっている分利用しやすいですが、その利用目的以外では使えないと言うのは自由度に欠けて使いにくいともいえます。
そんな方にこそ、カードローンをおすすめしています。


カードローンでお金を借りると自由に使える

カードローンで借りたお金の使い道は自由です。利用目的に縛られることなく利用できるのがカードローンの特徴です。お金を借りる必要がある場面はさまざまで、利用目的も多いでしょうから、利用できる場面は多いほうが嬉しいですよね。
ぜひ自由な目的でお金を借りて、そのお金を利用したい方はカードローンを利用してください。


銀行のカードローンは金利が安い

カードローンにも種類があり、消費者金融のカードローン、銀行系のカードローンもあります。当然それぞれに違いがあります。
お金を借りる時に一番気になるのは金利ではないでしょうか。そのかかる金利も銀行系のカードローンならば消費者金融のものと比べれば数パーセント金利が安くなっており使いやすいです。その分審査が厳しくなりますがやはり金利が安いほうが嬉しいですよね。

カードローンの一本化や借り換えを希望の方はこちらを → カードローンの借り換えガイド(http://mylastballad.com)

実際の意見を見てからお金を借りる

今インターネット上では消費者金融の口コミサイトや比較サイトが多くなっています。
どの会社でお金を借りるのが一番いいのか…と悩んでおられる方も多くおられると思いますから、そういったサイトをチェックして実際にその会社から融資を受けている人の意見を読んでから、慎重に選んでからお金を借りる、というのがいいかもしれません。
安易な考えで甘い言葉に飛びついて融資を受けすぎてしまい返済できなくなって困る…というパターンにならないようにしましょう。


お金を借りるときにチェックしたい項目

融資を受けるときには一番に考えなくてはいけないのは返済についてです。返済額にかかってくる金利について考えておかないと後で苦しむのは自分です。
無理なく返済できる程度の金利、できれば無金利の期間を設けている会社ならばそれを利用してお金を借りるというのは賢い手立てなのかもしれませんよ.


おすすめの会社を選んでくれるサイトもある

こちらで条件を入力するだけで、あなたにあった会社を自動で選んでくれる比較サイトもあります。
どこに申し込めばいいかわからない!という人もとにかくこういうサイトに頼ってみて情報収集するのが一番の近道なのかもしれませんね。

お金を借りるとき、気になる利率とは?

今の時代、お金を借りるのは簡単です。いろいろな金融会社があり、直接、金融会社でなくともいろいろなカードを発行して、貸してくれます。でも、そこには必ずルールがあって、お金を借りる者がすぐに借りることができ、返済も少し猶予をもたせてもらうことに見合う対価を「利子」という形にしているのだと思います。それが、ある意味、「無担保の担保」なのです。


<利率の恐怖>

あなたは学生時代、数学は得意でしたか?私は余り得意ではありませんでした。そのせいか、いまいち利子の計算がぴんと来ないのです。でも、それが災いとなって、借りたお金以上にお金を返さなければならなくなるのです。
少し具体的に考えていきましょう。
まず、あなたは100万円を年率20%で借りることにしました。返済回数を60回とすると、月に2万6500円ずつ返して、最終的に返す金額は158万9378円になります。約159万ですよ?!100万だったのに・・・。1,5倍ものお金が必要になります。さらに、毎月この金額を返すのが苦しいなら、返す金額をもう少し安くして払うと、今度は返済期間が長くなり、元金にあてる金額も変わってくるので、最終支払い総額はもっと多くなってしまいます。


<返済は計画的に>

お金を借りるとき、つい急ぐ余り、目先の数字に騙されることがあります。
お金に困ってるのに、結果的にお金を多く払うことは、本末転倒です。お金を借りるときは、きちんと下調べをして、支払いのシュミレーションもしていくといいとおもkます。大手消費者金融のCMではありませんが、返済は計画的に。

お金を借りる目的によって借りにくい?

キャッシングをするという事は、何か目的があるからだと思うのですが、どんな目的で借りているのでしょう?
一時的や緊急性の高い目的の場合は、比較的にお金を借りる事が出来るようになっているみたいですよ。
例えばちょっとした旅行とか、誰かの結婚式の場合には借りやすくなっているみたいなので、安心して借入出来ます。
まとまった金額が必要になりますが、それが終わればきちんと返済できると判断されるため、借りやすいのだとか。


・お金を借りるダメな目的は?

ギャンブルや交遊費などが借りにくい目的だと言われているので、皆さんも気を付けるようにして下さいね。
また、生活費のためにお金を借りるという目的も、貸す側からすればよくないお客として見られてしまうみたいです。
給料が上がることは考えづらいですし、急に好転するという事も考えにくいので借りにくくなってしまうようですよ。
生活費でお金を借りる事を考えている人は、支出とか返済についてよく考えるようにして下さいね。


・審査に通れなくても大丈夫

キャッシングをする際には審査を必ず受けますが、落ちてしまったなんて言う人もいますよね。
審査に落ちてしまったらお金を借りることが出来ない訳ですが、一か所落ちてしまったから他もダメなわけじゃないです。
他の場所では通れるかもしれませんから、むやみにあちこち申し込むのは避けるように。
そう言った情報も信用情報に登録されてしまうので、気を付けるようにしてもらえれば幸いです!

自営業でもお金を借りることができる?

自営業の人が金融機関へ申し込んで審査をすると、落とされてしまう事が多いですよね。
安定した収入があると判断してもらえないことが多いから、諦めてしまっている人も中にはいるでしょう。
でも、近年では自営業の人でもお金を借りる事が出来る場所もあるので、そちらに申し込みをしてみては?
審査もきちんとしてくれますし、比較的通りやすくなっていると言われていますので、まずは調べてみることをオススメします。


お金を借りるなら責任をもって

金融機関を利用して借入するのはいいですが、借りて安心してしまっている人はいませんか?
お金を借りることが出来たら、今度は返済のことを考えなければいけませんので油断するのは良くないですよ。
借入をして満足して終わったというのは間違いで、完済するまでちゃんと責任を持つようにしましょう。
自分の信用と引き換えにしてお金を借りるから、そのことを常に頭に入れて利用するようにしてもらえればいいですね。


注意したいことは?

注意したいことは、やっぱり借り過ぎない事なのではないでしょうか?
即日融資をしてくれるところが増えて、お金を借りることも今では難しい事ではなくなってきています。
だからこそ、ちゃんと計画的に利用することが求められているのだと思うんですよね。
返済も延滞することなく、毎月きちんと行うようにして下さい。

いざという時にお金を借りる事が出来るように

いざお金に困ってしまって金融機関に駆け込もうとした時、最初から手続きをするのって面倒ではありませんか?
即日融資をしてもらいたいのに、申し込みをして審査を受けてとやっていると、その分の時間をロスしてしまいます。
そこでオススメしたいのは、先にそういった手続きを済ませてカードだけ発行しておくことなんですよ。
カードさえ先に発行しておけば、いざという時すぐに金融機関からお金を借りる事が出来ますからね。


お金を借りるには準備が必要?

やはり、何事にも準備が必要だと思いますからカードを先に作っておくことをオススメします。
カードだけ作ることが出来るの?と疑問に思った人もいるでしょうが、実は多くの所で出来るようになっていますよ。
心配な人は、公式サイトで確認をして詳しいことを調べるようにしてもらえればと思います。
審査に通らないとお金を借りる事が出来ないので、審査に通れるよう自分の情報をチェックしておくようにしましょう。


ブラックリストって?

よく耳にするブラックリストですが、これは金融事故者が登録されているものなんです。
過去に自己破産をしてしまっている人や、借金が3分の1以上ある人が掲載されているので審査では落とされてしまいます。
この情報は5~7年は残されるのでその期間中は、お金を借りる事が出来ないようになっているのでご注意を。

お金を借りる前には審査がある

申し込みを済ませたら次に行うのが審査ですが、この審査では何を確認するのでしょう?
個人情報と信用情報についてチェックするので、大きな問題が無ければ無事通ることが出来るので安心して大丈夫。
でも、勤続年数が1年未満だと収入も安定していないと判断されてしまうから、そういう人はもう少し待つようにして。
他社からの借入金額が高額の人も厳しいと判断されてしまいますから、先にそちらの返済をした方がいいかもしれません。


いくらからお金を借りる?

これは場所によって変わってきますが、5千円や1万円から借りる事が出来る場所もあるみたいです。
そのため、会社員だけでなくて学生や主婦の利用者も増えてきているみたいですよ。
学生でも条件を満たしているのなら、お金を借りることが出来るのでカードだけ作っておくのもいいと思います。
お金を借りるなら、やはり少なめにしておく方がいいと思うので高額は避けるようにして下さいね。


家族から借りている人も?

中には、家族や友人から借りているなんて言う人もいますが、やはり人によって変わってきますよね。
ちゃんと返済することが出来るならそれでもいいと思うけれど、お金に困っていることを知られたくない人もいるはず。
その人は、金融機関に頼った方がいいかもしれません、周囲に知られることなく利用できるから安心安全ですよ。

目的を決めてからお金を借りる

もし、これから銀行や消費者金融を頼ろうとしている人がいれば、目的をちゃんと考えてみて下さい。
何も決めないでこれにこのくらい使いたいからと、大雑把な考えでお金を借りるのはやめるようにしましょう。
考え直してみたら、本当に必要な金額が分かりますし、返済だって少し楽になるかもしれません。
目的を決めておけば、具体的なことが分かりますから無駄に多く借入をしなくても済みますよ。


お金を借りる前に診断を

まず、申し込みをしてそれから審査に移りますが、その審査に通れるのか不安な気持ちを誰でも持っていますよね。
自分はお金を借りることが出来るのか・・・その時は借入診断をして事前に確認をしておくのがいいですよ。
本来なら消費者金融などを利用する人全員必ず診断してほしいのですが、可能であればぜひ試してみて下さい。
診断はいたって簡単で、生年月日や年収、他社からの借入金額を入力すればすぐに結果がわかりますよ。


審査に通りたい

審査に通りたい人は、勤続年数を安定させた方がいいと思いますよ。
少なくとも1年以上にしておかなければ、審査に通ることが難しいみたいなので、気を付けるようにして。
また、他社からの借入が多い人や引越しを繰り返している人も厳しいと言われています。
無事審査に通れるようにして、お金を借りるようにしましょう。